男の痰壺

映画の感想中心です

ブラッド・ダイヤモンド

★★★★ 2007年9月29日(土) トビタシネマ

f:id:kenironkun:20210919075444j:plain

相反する利害を持つ3人のベクトルが収斂されてゆく後半の展開がオーソドックスではあるが肉厚な状況描写に支えられてカタルシスを産む。ロマンティシズムの芳香さえ感じた。メッセージは陳腐で単純だが、それが幸いした。ディカプリオも久々に良い。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com