男の痰壺

映画の感想中心です

ポイント45

★★★★ 2007年8月25日(土) トビタシネマ

f:id:kenironkun:20210926011230j:plain

唾棄すべき最低のDV野郎ではなく男は誰に対してもサイテーな野郎だった。そこが、まだしもだし、グダグダの男と女の腐れ縁は、ミラのペチャパイの哀切さに補完され見応えがある。ただ、どうにも終盤は商業主義的な妥協を感じた。(cinemascape)