男の痰壺

映画の感想中心です

モスクワ・エレジー

★★★ 2021年10月3日(日) シネヌーヴォ

f:id:kenironkun:20211003170504j:plain

✳︎今回の上映では「タルコフスキーに捧ぐ」の副題がついてましたがオリジナルでの表記としました。

 

ソクーロフは若手の頃、自作が上映禁止の憂き目にあった時、擁護してくれたタルコフスキーに感謝の思いがあったらしい。そんなんで、これは丸っぽタルコフスキーへのトリビュートです。

 

構成は、タルコフスキー亡命後の2作「ノスタルジア」と「サクリファイス」の撮影模様などを記した既存の記録フィルムを柱とし、ソクーロフが撮り足したタルコフスキー幼年期のイメージが随所で加味される。その幼い兄妹と母のイメージは必然的に「鏡」と同期する。

 

圧巻は、「ノスタルジア」の脚本家トニーノ・グエッラと「サクリファイス」の撮影者スヴェン・ニクヴィストといった欧州映画の2人の巨人の仕事を垣間見れるところか。

グエッラといえばアントニオーニ作品の大半や後期のアンゲロプロスの仕事の脚本家。ニクヴィストは言わずと知れたベルイマンの撮影パートナーだ。

グエッラが言う。「詩を作ったんだ、聞いてくれるか?アンドレイ」。

巨人たちの仕事は、そこから?というくらい豊穣な基盤の上に形成されているのであった。