男の痰壺

映画の感想中心です

アタメ

★★★★★ 1991年4月6日(土) 新世界国際劇場

f:id:kenironkun:20211017035305j:plain

正真正銘のストーカー犯罪者が思い描く一方的な理想郷だが、マイナスに振れ切った針が周回してプラスに転じた如き割り切り振りは疾しさを覚えつつも爽快。純情であることは則ちに異常であることを体現する主人公のキャラが新鮮。演じる主役2人も共にナイス。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com