男の痰壺

映画の感想中心です

天狗党

★★★ 2006年10月21日(土) 日劇会館

f:id:kenironkun:20211106221106j:plain

カラー映画に於ける表現主義的ライティングの追求かとも思えるような、幼少時よりTV時代劇か日本史授業で知ったか最早定かでもない「百叩きの刑」を見せることに費やした気合いは僅かながらも期待させた。しかし、後はどうでもいいほど定型に堕している。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com