男の痰壺

映画の感想中心です

人生劇場 青春・愛慾・残俠篇

★★ 1992年10月31日(土) 日劇会館

f:id:kenironkun:20211107071945j:plain

青成瓢箪の物語なんかにはてんで興味も湧かず、見たいのは吉良常や飛車角や宮川の物語なのだ。加えて大映や日活からの寄せ集め役者で松竹が柄にもない大芝居を打ったって様にも成らない。加藤も無難な題材を気合いもなく流れ作業の如く仕上げている。(cinemascape)