男の痰壺

映画の感想中心です

暴力金脈

★★★ 1992年10月25日(日) 新世界東映

f:id:kenironkun:20211114051248j:plain

企業と暴力団の癒着という未開領域に挑む…なんていう気は無いのは端から解ってはいるが惜しい題材であった。結局は個の対決に収斂してしまうのがトホホである。小沢や大滝の半端な投入が山本や熊井との比較感を呼び起こし侘びしい。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com