男の痰壺

映画の感想中心です

デュエリスト

★★★ 2006年8月12日(土) 新世界国際劇場

f:id:kenironkun:20211114063141j:plain

自己陶酔ギリギリのキザな様式世界には些か鼻白みつつも徹頭徹尾一貫して姿勢を貫徹するさまに多少心動かされもするが、矢張りどこかで退いてしまう。序盤の切り返しを多用したカッティングが魅せるのとジウォンちゃんの庶民的バイタリティに加点。(cinemascape)