男の痰壺

映画の感想中心です

至福のとき

★★★★ 2006年7月22日(土) パルシネマしんこうえん

f:id:kenironkun:20211121041438j:plain

余りに物語が小振り過ぎて小品の趣を免れ得なく、この投げ出し方は「放棄」したとも思える粗雑さだが、一方で執拗に反復されるディテールに新たな手法を模索する作家魂を感じたりもした。いずれにせよ2極を往還する藝謀はしたたかそのものだ。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com