男の痰壺

映画の感想中心です

夜よ、こんにちは

★★★ 2006年7月8日(土) 第七藝術劇場

f:id:kenironkun:20211121044523j:plain

『浅間』や『ミュンヘン』に比して手法として扇情的な描写が皆無に等しいのはいいのだが、そこから何を提示したかったのかが今一見えてこない。テロルの「時代」を問うこともなく人間の葛藤や尊厳を突き詰めて提示されたとも思えなかった。