男の痰壺

映画の感想中心です

プルーフ・オブ・マイ・ライフ

★★★ 2006年6月14日(水) 新世界国際劇場

f:id:kenironkun:20211121052352j:plain

天才のことは凡人には解らないという一貫したポリシーを貫けば主人公の煮え切らないような解らなさにも芯が通るのだろうが、それでは誰も見たいと思えないものになる。父への思いや姉との確執が妥協の産物。真摯な良い映画で好きではある。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com