男の痰壺

映画の感想中心です

セルラー

★★★ 2006年6月14日(水) 新世界国際劇場

f:id:kenironkun:20211121153230j:plain

サスペンスの「サ」の字もない導入と説得性のない御都合主義的展開に辟易する。それでも中盤以降はステイサムやメイシーといった脇役者の力量がナマなヘタレ主人公をサポート。可もなく不可もないくらいには映画を押し上げた。(cinemascape)