男の痰壺

映画の感想中心です

嫌われ松子の一生

★★★ 2006年6月14日(水) 動物園前シネフェスタ1

f:id:kenironkun:20211121055021j:plain

カラフルでポップな語り口は闊達だが、受動的な生き方の末の転落人生に対する共感も反意も感じられない。したたかな女が跋扈した昭和へのアンチテーゼとしての平成イズムは、やはり語るべきものを持たないのか。松子を通して何かを直截に撃って欲しかった。(cinemascape)