男の痰壺

映画の感想中心です

紅の豚

★★★ 1992年10月6日(火) 三番街シネマ2

f:id:kenironkun:20211121153758j:plain

小っ恥ずかしいダンディズムを豚姿で婉曲化しても尚小っ恥ずかしい。出来レースの緩い世界観が支配する中、剥き身の相克から遠いのだから仕方ない。その世界の片隅の陽光下の静謐めいた精緻な描写への拘り。ミクロな技術が生温い世界の箍を随所で締めている。(cinemascape)