男の痰壺

映画の感想中心です

ヴェラ・ドレイク

★★★★ 2005年8月13日(土) テアトル梅田1

f:id:kenironkun:20211205183745j:plain

泣くのは何時も女…的メッセージ臭とマイク・リー的「片隅」臭がこれ以上濃厚になるならキツいなと思う前半に対して後半は男達4人の赦しと慈愛の物語へと転調する。巧みな作劇。時代色創出の為の仰角使用のフレーミングが抑制と同時に品格を付与してる。(cinemascape)