男の痰壺

映画の感想中心です

エンジェル・アット・マイ・テーブル

★★★★ 1992年7月5日(日) みなみ会館

f:id:kenironkun:20211225230147j:plain

作者のリアルタイムに近似となる成年期よりも幼年時代が輝くのは年代記ものの宿命なのだろうが、ノスタルジイにオブラートされただけでなく、演出は文句無くオリジナルな個性を感じさせた。とりわけロングはどのショットも素晴らしい。(cinemascape)