男の痰壺

映画の感想中心です

ブルーベルベット

★★★★★ 1992年7月9日(木) テアトル梅田2

f:id:kenironkun:20211226050440j:plain

平穏な日常こそが異常さを内包するとでも言いたげな倒錯ムードが横溢しておりマクラクレンもロッセリーニもどこかズレ感を発散。そうなると彼岸の住人ホッパーと何も変わらない。その異様な混沌とでも言うべき世界観を包括的に構築し得ている。(cinemascape)