男の痰壺

映画の感想中心です

犬猫

★★★★ 2005年2月8日(火) テアトル梅田2

f:id:kenironkun:20211226050910j:plain

自己嫌悪に打ちのめされても風吹けば気を取り直し駆けていくしかない犬型人間と自動制御的に人生をかわす猫型人間。どっちが良い悪いではなく自分は自分で生きてくしかないという退いた視座。ただ対比の効かぬ繰り返しのギミックは不要。(cinemascape)