男の痰壺

映画の感想中心です

赤坂の姉妹より 夜の肌

★★ 1992年6月13日(土) みなみ会館

f:id:kenironkun:20220103025954j:plain

落日の寂寥も伸し上がりの活力も決定的に欠ける。東宝的硬質さでは大映的艶やかさが要件の物語を御しきれないので、所詮はブラジルや北海道といった新天地に希望を見出す民青的終焉に帰結してしまう。男を手玉に取ってなんぼの世界で不実を問うのも野暮だわ。(cinemascape)