男の痰壺

映画の感想中心です

生きるべきか死ぬべきか

★★★★ 1992年5月10日(日) ルネサンスホール

f:id:kenironkun:20220116023945j:plain

練り込まれた脚本は完膚無きまでの隙の無さで文句のつけようもない。天才の秀でた個人芸に依らずシチュエーションのみで時代の変遷に拮抗できるのは時流に阿ってはいないからだ。それが品格なのだろうが、古典落語より下世話な漫才が俺は好きなのだ。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com