男の痰壺

映画の感想中心です

お早よう

★★★ 1992年2月16日(日) 日劇シネマ

f:id:kenironkun:20220130140236j:plain

プチブル世界に傾倒した後期小津作品の中で何故か子供が主役で且つ庶民を描いた本作は戦前の作品への回帰を試みたのか?…しかし、そのスタイルへの保守偏狭な意固地さとのぎくしゃくした軋みが聞こえる。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com