男の痰壺

映画の感想中心です

汚名

★★★★★ 1992年3月23日(月) シネマアルゴ梅田

f:id:kenironkun:20220206100335j:plain

シークェンスでもなくシーンでさえもなく、唯の1ショットが映画の永遠性を担保する。正味、脳髄までもが打ち震えるような「手の鍵」。ままごとめいたスパイ映画であるからこそ否応なく表出されるヒッチ独壇場のハッタリ。勿論、キスシーンも同格。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com