男の痰壺

映画の感想中心です

アイデン&ティティ

★★ 2004年1月6日(火) テアトル梅田1

f:id:kenironkun:20220213011034j:plain

タカビー女と幻影に依存し続けるヘタレ男が能書きだけは一丁前に垂れてはみたが言うだけ番長というダメさ加減に共感は皆無。田口に「転がる石ころ」という自覚があったのならディランで締めたエンドは逆説的に意味を成すが、なら撮らない方がマシ。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com