男の痰壺

映画の感想中心です

仁義の墓場

★★★ 1993年6月6日(日) トビタ東映

倫理道にもとるヤクザ道からさえ更なる逸脱の果てのアナーキズムを描くに深作の話法は規定化された己の実録路線から1歩も逸脱しない。ディープ大阪でのヘロイン地獄にザラついた高感度フィルムと芹の投入が更にわざとらしい。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com