男の痰壺

映画の感想中心です

刑事エデン 追跡者

★★★★ 1993年4月29日(木) 新世界国際劇場

原理主義的な戒律がもたらす慎みと静謐トーンが映画を規定する。物語は当然に破綻を許されず越境は終に遂げられることはない。メラニーに仮託した観る者の戸惑いと馴染み難さはそれでもやがて融解しゆくだろう。ルメット後期の好調の掉尾を飾る佳作。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com