男の痰壺

映画の感想中心です

あした来る人

★★★★ 2002年9月9日(月) 高槻松竹

これ程さばけた調子でお互いを切り合えれば気の重い人間関係も簡単だろう。川島のニヒリスティックな諦観の最良系での表出であり50年代に作られたことが驚愕。豊饒なプロットと最後の最後まで先が読めない展開を絶妙のテンポで織りなす傑作人間模様。(cinemascape)