男の痰壺

映画の感想中心です

プリティ・リーグ

★★★★ 1993年4月4日(日) 新世界国際劇場

時代の間隙を埋める徒花であったにも拘らず誠心誠意がむしゃらに走った彼女たちへの賛歌であり文句無しに気持ちいい。一方で1人の男の再生の物語にもなっているのも又抜かりなくハンクスの場末感が最高。男は女で生きもするし死にもする。真実である。(cinemascape)