男の痰壺

映画の感想中心です

まぼろし

★★★★ 2002年9月26日(木) 扇町ミュージアムスクエア

喪失の恐怖に対し無関心の虚無へ逃避したアントニオーニの対極でオゾンは主人公を事実認識に執拗に駆り立て、結果浮かび上がったのは恐るべき自己中女の実像であったという予想もしない結末。見方によっては同年公開作中『ピアニスト』と双璧。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com