男の痰壺

映画の感想中心です

ふたり

★★ 1993年3月7日(日) ロッポニカ三宮

ハイビジョンというオモチャを得て大林の悪癖が爆裂。少女世界から大人の女への越境というセンシティヴ且つヴィヴィッドな物語を台無しにした。儚げな中島朋子が絶品だが石田の演技は不可解。クセありすぎの両親のキャスティングにも疑問が残る。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com