男の痰壺

映画の感想中心です

ローズ

★★★ 1993年1月23日(土) 毎日文化ホール

1級のスタッフで時代色再現にはぬかりなくライブシーンも上出来なのだが、どうにも話がグダグダで堕ちていくことへのロジカルな考察を欠き何の感興も涌かない。現代的消費文化としてのロックシーンでは夢が無さ過ぎるのだ。時代の先取りではあったにしても。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com