男の痰壺

映画の感想中心です

JSA

★★★ 2002年6月30日(日) トビタシネマ

南北国境の紛争事件を調査するのが北の将校を父に持つスイス国籍の女性将校という魅力的な設定が活かされず、浮かび上がるのは結局いつもながらの友情と信義の物語のみ。情に流されず描写に抑制が効いてるだけに惜しいと思う。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com