男の痰壺

映画の感想中心です

とらばいゆ

★★★★ 2002年6月18日(火) テアトル梅田2

女房がわがまま言って怒る、泣く…そして喜ぶ。女流棋士という特異な設定だが極めて現代的で普遍的な身にチクチク沁みる夫婦像。あざとさを感じないという意味では最近稀にみる脚本と演出だった。しかし、何故塚本亭主は家で飯食うのにネクタイしたまま? (cinemascape)