男の痰壺

映画の感想中心です

ゆきゆきて、神軍

★★★ 1994年11月5日(土) みなみ会館

この映画は奥崎の滅茶苦茶さを傍観しているだけであり、一緒になって騒ぎ立てるか、とことん否定して映画そのものを崩壊せしめるかどっちかに依るべきだった。とんでもないおっさんに良く付き合って御苦労さんだけではつまらんだろう。(cinemascape)