男の痰壺

映画の感想中心です

模倣犯

★★★ 2002年6月13日(木) 梅田劇場

市井の人々に限りない思いを寄せる宮部に対し時代の先鋭をどうしても持ち込みたい森田の思惑の結果が山崎の部分が映え中居の部分が舌足らずというのでは原作にねじ伏せられた形だと思う。犯人側の描写が薄すぎ。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com