男の痰壺

映画の感想中心です

少林サッカー

★★★ 2002年6月5日(水) 動物園前シネフェスタ1

スーパーマンとか超人が正規ルールのサッカーで普通人に勝っても、やったー!とは思えない。ギャグは真摯なドラマに拮抗する形で極まり、パロディは物語の形成と不可分で意味を為し、CGはアナログと融合して輝く。この映画はそれらの点が少しずつ足りない。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com