男の痰壺

映画の感想中心です

フィラデルフィア

★★★★ 1994年10月9日(日) 祇園会館

真摯に語らねばならないテーマに名優2枚看板を誂えてデミ演出の出張らなさが好ましい。90年代の演技対決による難病もので『レナードの朝』と双璧だと思うが現実社会を背景に持たせた本作の方がより包括的で挑発的。時代の変化に抗し得る骨太さかある。(cinemascape)