男の痰壺

映画の感想中心です

カラー・オブ・ライフ

★★★ 2001年5月22日(水) テアトル梅田2

クドいまでに繰り返されるギャグ(特にゾンビファミリー)や役者が台本を凌駕してる(特にミッドナイトクッキング)点に於いて「吉本新喜劇」的な逸脱の魂を感じた。完璧に趣味だと言っていいのだが、であればこそ映画作品としての体裁を整えてほしかった。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com