男の痰壺

映画の感想中心です

ロケーション

★★ 1994年7月10日(日) 日劇会館

いい加減な話を成り行き任せで為すがままにやってたら、驚いたことに傑作が出来ちまったと映画内ではなってるのだが全然そう思えないのでド白けてしまう。貧乏なロケ隊の話が画面まで貧乏臭くて救われない。後半の展開は虚実の生半可な混濁について行けない。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com