男の痰壺

映画の感想中心です

暗殺者の家

★★ 1994年7月16日(土) ACTシネマテーク

稚的なマクガフィンで映画的純度を粋化させたヒッチは先達者であると同時に分岐点に立った男だったのであり、そのことに充分に自覚を持っていたから敢えて『知りすぎていた男』を撮ったのだ。本作に関しては原型としの価値観のみで葬るのが供養である。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com