男の痰壺

映画の感想中心です

ライジング・サン

★★★ 1994年1月16日(日) 新世界国際劇場

オリエンタルとジャパネスクが融合された「変さ」には驚かないが、それだけでは片づけられない底の掴みきれないムードがある。そういう面では満喫できるがミステリーとしての底は浅い。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com