男の痰壺

映画の感想中心です

13デイズ

★★★ 2001年5月8日(火) 祇園会館

好戦ポピュリズムに抗して理を通す困難と孤独を余すことなく描いているが、側近で助言者である語り部と弟、この3者間の信頼と共振が仄暖かく救われる。しかし、室内ディベート劇に徹し切れないパイロットエピソードの挿入などが商業主義的妥協を感じさせる。(cinemascape)