男の痰壺

映画の感想中心です

JM

★★ 1995年7月2日(日) 高槻セントラル

何だか小賢しい癖に『ブレードランナー』の呪縛から1歩も脱け出せないという情けない代物で3大スターの競演といってもロクな見せ場をもらえないラングレンが気の毒だ。期待のたけしも柄じゃない。(cinemascape)