男の痰壺

映画の感想中心です

カルネ

★★★★ 1995年6月24日(土) みなみ会館

ブローアップされたざらつき感と赤の色調。少女の初潮と近親愛。屠殺と殺人。描かれるものは禍々しさを志向し続けているのに奇妙に爽やかなのは作り手の根底にあるモラリズムが透けて見えるからだろう。ショットのパワーと編集の良さは図抜けている。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com