男の痰壺

映画の感想中心です

青空娘

★★★★ 2001年1月20日(土) テアトル梅田2

タイトルそのままの抜けの良いカラー画面の中で、いい調子で飛び交うロジカルで歯切れのいい台詞の気持ちよさ。そして、タイトルロールとは正反な若尾の粘液質のキャラが醸し出すギャップがやけに色っぽい。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com