男の痰壺

映画の感想中心です

アンダーグラウンド

★★★★ 1999年10月2日(土) みなみ会館

常識や倫理を微妙に逆なでし続ける圧倒的エネルギーと狂騒に為す術無く流されるのだが、それが国家が解体される混沌の民族史観と重なる酩酊。祖国と家族という2面的な喪失の哀感は太いシュールと熱いユーモアで上塗りされる。巨視感漂う民族史的大河ドラマ。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com