男の痰壺

映画の感想中心です

さよならを言わないで

★★★★ 1976年11月23日(日) 大毎地下劇場
 イメージ 1
行き場のない刹那感に思い出はあくまで美しく縁取られ、やがて確実に来る終着点に向かって愛は昇華されていく。そして、美しい2人を、これ又圧倒的に美しく哀しい秋の佇まいが包み込むのだ。世の規範に背を向けてひたすらに閉じた世界に埋没していく佳品。(cinemascape)