男の痰壺

映画の感想中心です

サーカス

★★★★★ 1975年8月15日(金)  梅田地下劇場
                    1976年1月5日(月)  伊丹グリーン劇場
                    1976年1月18日(日)  ビック映劇
イメージ 1
 
チャップリンの作品でこんなラスト他に見たことが無い。厳しさと孤独感が彼の作品中抜きんでて純度が高い。しかも一方で、地上10数メートルの綱上で猿に顔面を覆われて平然と命綱を外す芸への矜持がある。(cinemascape)