男の痰壺

映画の感想中心です

セトウツミ

★★★★ 2016年8月8日(月)テアトル梅田1
イメージ 1
 会話の間が命のオフビート漫談なら演出は下手な手出しはせぬが無難なのだが結構手を出しスベらないのが意外だった。大森はハードル高い仕事を完遂したと思う。現実世界では内海のようなキャラに瀬戸のような友達は出来ない。裏返せば哀しきファンタジー。 (cinemascape)