男の痰壺

映画の感想中心です

のらくら

★★★ 1975年4月2日(水) 北野劇場
イメージ 1
お決まりの浮浪者チャーリーの部分よりアル中ブルジョワに扮した部分の方が笑えるのは、明朗ギャグで最底辺から権力を穿つポーズより権力層内でのヒエラルキーをシニカルに露呈してみせる方が間尺に合ってるからだろう。これは後年の『独裁者』を思わせる。  (cinemascape)