男の痰壺

映画の感想中心です

ムーンライト

★★★★ 2017年4月6日(木) TOHOシネマズ梅田2
イメージ 1
正直、これで終わりかいな…ってのが終映後の感想です。
以前、「ブロークバック・マウンテン」評で読んだものに、これが男と女の話だったら、この内容でこれだけの評価を得られるだろうか。
ってのがあって、深く賛同の意を覚えたものです。
 
1夜の浜辺の出来事が何年間も彼の心の拠り所であった。
まあ、マイノリティゆえの切なくも奥ゆかしい心根であり、大きく変貌を遂げてしまった見てくれが又、行き着くとこまで行ったんやなの感慨を付加しラストシークェンスは見せ場ではあるのだが、それなのに少女のように添い寝するだけって思ってしまった。
数年前のレズビアン映画「アデル」では、そこんとこの性描写が徹底的だった。
 
しかし、詩的な描写は全篇素晴らしい。
初期のガス・ヴァン・サントのように揺らぐカメラ。
虹のような光沢を放つ黒い肌。
まさにゲイゆえの感性だと思う。